■高気密・高断熱■
間仕切りが多く、風通しの悪い間取り
断熱気密性能の悪いこれまでの住まいは、リビングなどは

日当たりの良い南や南東に配置し、個室空調のため間仕切りを

多くするなど、プランの自由度が低い住まいでした。

吹き抜けやリビング階段を設けたりすると、

冬場、その上部から冷たい空気が降りてきて、

とても不快な空間になってしまっていました。
 また、南側には大きな窓を設けるものの、北側の窓には

配慮しないため、風の通りが悪くなっていました。
Copyright 2005(C)Ikawa Architecture & LifePlanning Co.,Ltd All rights reserved.