本文へ移動
人生と同じように熟成した、芳醇な佇まいを貴方に
欧州の伝統様式が主流だった当時の住宅を、ライトは“空気抜きの穴をくりぬいた箱”と批判しました。
そして彼は独自に空間を開放するような、独特の革新的な考えの住宅を創り上げました。
 「人が心地よく過ごせる空間」を第一に考える。それは当時革新的な住宅でした。
それから数十年経った現在の日本。
 「人が心地よく過ごせる空間」を第一に考えて「オークパーク」は生まれました。
TOPへ戻る